事業方針

最高の技能とサービスを提供します

経験豊富な専門家が、中規模(ミドルサイズ)のM&A案件を中心に最高の技能とサービスにより総合的にサポートします。

代表メッセージMaxusの特徴

代表メッセージ

代表取締役社長 森山 保

代表取締役社長 森山 保

M&A(Mergers and Acquisitions, 企業等の合併・買収)は、近年は経営の選択肢や事業承継の手段として普及しており、毎日のように新聞誌上を賑わすようになりました。それをサポートする専門家も増えており、近年はM&Aを行いやすい環境はかなり整ってきたのではないかと考えられます。しかし、実際には、どのような場面でどの専門家に依頼をすればいいのか分からないケースも多いのではないかと思います。

M&Aをサポートする専門家は、「M&Aアドバイザー」や「ファイナンシャル・アドバイザー(FA)」と呼ばれます。M&Aアドバイザーにもいろいろな特徴をもった会社があり、案件の特徴によって得意分野が分かれているのが実際です。大手国内系証券会社、外資系証券会社、大手銀行や大手独立系アドバイザリー会社は、大型のクロスボーダー案件や大型再編案件を得意としております。一方で、最近増加傾向にあるM&Aの仲介会社は、中小企業間のマッチング業務(仲介業務)を得意としております。中規模(ミドルサイズ)の案件を得意としている会社は、あまり多くはありません。

欧米では、「M&Aブティック」と呼ばれる独立系の助言会社が多数存在しており、中規模の案件を中心に存在感を発揮しておりますが、日本ではしっかりとした助言機能を備えたM&Aブティックがまだまだ少ないのではないかと考えております。また、日本では事業承継等のニーズからM&Aの仲介会社が増加傾向にありますが、売手からも買手からも報酬を得る仲介業務には利益相反の問題があり、留意が必要です。すなわち、M&Aでは、値段をはじめとした諸条件において、売手と買手の双方が有利な条件で成約したいというニーズがありますから、両方に助言をするというのは構造上無理があると言えます。売手は高く売りたい、買手は安く買いたい、と考えるのが通常でしょうし、M&Aでは不動産売買のように物件内容や契約条件が画一的なものにはなりませんから、M&Aの諸条件の交渉において、売手と買手の双方に助言するというのは無理があると言えます。M&Aの助言業務を仲介会社に求める際には、その構造的な問題を理解する必要があります。

そのような認識の下で、私たちマクサス・コーポレートアドバイザリーは、中規模(ミドルサイズ)のM&A案件を総合的にサポートするために誕生しました。M&Aアドバイザリー業務の経験豊富な専門家は、大手証券会社などで大規模案件を担当することが多く、中規模案件においては十分なサポートが行われていないのではないかと考えております。そして、私たちは、「M&Aアドバイザーとして、最高の技能とサービスを、中規模(ミドルサイズ)の案件でも提供していきたい」という想いで日々業務に励んでおります。私たちの豊富な経験を、大規模案件だけでなく、中規模案件においても伝えていくことで、マクサス・コーポレートアドバイザリーは、日本企業の成長・発展、そして少しでも多くのM&Aの成功に貢献して参りたいと考えております。

中規模(ミドルサイズ)のM&A案件を総合的にサポート

 

マクサス・コーポレートアドバイザリーの特徴

私たちは、中規模(ミドルサイズ)のM&A案件を総合的にサポートする
アドバイザリー会社です

  • 専門性と経験値
  • 柔軟なワンストップサービス
  • 独立性 (利益相反への対応)
  • 再生案件や 組織再編助言などの 多様な案件への対応

 

専門性と経験値

マクサス・コーポレートアドバイザリーでは、M&A助言業務の豊富な専門家がおり、公認会計士や税理士が社内に在籍するため、財務面や数値面のアドバイスを総合的に行うことが可能です。

柔軟なワンストップサービス

通常は、M&Aの実行時には、M&Aのアドバイザーとは別に、会計や税務の専門家を起用する必要がありますが、公認会計士及び税理士が社内に在籍しているため、財務デューデリジェンス業務も同時に実行することが可能です。
また、案件の規模や特性に応じて、各案件に適した弁護士と連携いたします。

独立性

マクサス・コーポレートアドバイザリーは、大手金融機関や監査法人等が株主となっていないため、資本面で独立を果たしており、中立的なアドバイスが可能となります。
また、利益相反の危険性がある仲介業務は行わず、専門性の高い助言業務を行っております。
加えて、投資業務(ファンド業務)や融資業務等の他のビジネスを展開していないため、客観性の高い助言業務を行うことが可能です。
マクサス・コーポレートアドバイザリーは中立性・独立性の高い専門家であるため、客観性の高い第三者意見書や価値評価書の提供が可能と考えられます。

再生案件や組織再編助言などの多様な案件への対応

法的整理(会社更生や民事再生等)や私的整理(事業再生ADR等)に基づく再生型M&A案件では、通常のM&A案件とは異なる高度な専門性と経験が必要となります。マクサス・コーポレートアドバイザリーのメンバーは、再生型案件の豊富な経験を有しております
また、持株会社化等の組織再編業務の助言業務も得意としております。

各種サービスはこちらをご覧ください