サービス

サービス

中規模のM&A案件を総合的にサポートいたします

マクサス・コーポレートアドバイザリー株式会社は経験豊富な各分野の専門家が、
中堅規模のM&A案件に対し最高の技能とサービスを提供します。

M&Aアドバイザリー業務

M&Aアドバイザリー業務

クライアントのM&Aを成功に導くため、M&A戦略の立案から実行(進捗管理・条件交渉・クロージング)を経験豊かなプロフェッショナルがサポートいたします。

【 業務内容 】

  • M&A戦略策定支援
  • 対象企業の選定・アプローチ 
  • ストラクチャリング支援
  • ディールアレンジメント
  • 交渉支援
  • クロージングサポート

【 対象案件 】

  • 売却側助言業務(相対交渉、オークション)
  • 買収側助言業務
  • 再生型M&A助言業務
    (法的整理、私的整理に関する助言業務を含む)
  • 事業承継助言業務

 

 

企業価値評価(バリュエーション)、優先株式(種類株式)・新株予約権の価値算定

企業価値評価(バリュエーション)、フェアネスオピニオン作成

M&Aや各種組織再編の場面においては、独立した第三者の価値算定結果が必要な場面が多くあります。価値算定の専門家が、独立した第三者の立場で、企業価値算定(バリュエーション)を行います。また、格子モデル・シュミレーションモデル等により、優先株式(種類株式)、CB、新株予約権などの複雑なプロダクトの設計および評価も可能です。

【 業務内容 】

  • 企業または事業の売却価値・買収価値の算定
  • フェアネスオピニオン(財務意見書)の作成
  • 第三者委員会等における第三者としての価値算定業務
  • 優先株式(種類株式)、CB、ストック・オプションなど複雑なプロダクトの設計・評価 ≪▾ 詳細はこちら≫

    優先株式(種類株式)、転換社債、ストック・オプションなどの設計・評価

    M&A、各種組織再編や資金調達の場面において、CB(転換社債型新株予約権付社債)、優先株式等の種類株式、新株予約権などが活用されています。また、経営陣および従業員などへのインセンティブプランとしてストック・オプションが広く利用されています。
    このようなエクイティの性質を持つ複雑な金融商品について、商品設計をサポートし、金融工学に基づく手法による評価をご提供いたします。

    【 サービス内容 】

    ✓ 優先株式・転換社債(CB)の設計・評価
    ✓ ストック・オプションの設計・評価

    ✓ その他DebtとEquityの性質を併せ持つハイブリッド金融商品の公正価値評価

    (1) ブラック=ショールズ・モデル

    ブラック=ショールズ・モデルは最も有名なオプション評価モデルであり、その後に続いた金融工学的手法によるデリバティブ評価モデル発展のさきがけとなりました。
    ブラック=ショールズ・モデルは、将来の一時点でのみ行使が可能な株式オプション(ヨーロピアンタイプのオプション)の評価モデルであり、原資産である株式の収益率が正規分布することを仮定しています。

    適切に推定したパラメータを公式に入力すれば、厳密な評価額を得られるモデルであり、格子モデルおよびモンテカルロシミュレーションと比較して、計算量が格段に小さいモデルです。
    ただし、(一時点ではなく)一定の期間中、任意に権利行使できるアメリカンタイプのオプション(多くの新株予約権、ストック・オプションが該当します)や、一定の条件で行使価格が変動する商品(優先株式、MSCB、MS ワラントなど)については、適用の方法を誤ると本来の公正価値から大きくかい離するおそれがあります。

    ブラック=ショールズ・モデル【コールオプションの場合】

    ただし、

    C: コールオプションの理論価格, S0:現在の株価, K:行使価格, r: リスクフリーレート, T:満期までの期間,σ:ボラティリティ, N:標準正規分布の分布関数

    (2) 格子モデル

    格子モデルは、原資産価格(株価)の変動を、現在の株価を頂点として分岐していく格子(ツリー)で表現し、それぞれの格子点におけるデリバティブの価値を確率加重しつつ割引計算することにより、公正価値を計算するモデルです。格子モデルには、格子の作成方法によって、二項モデルや三項モデルといったバリエーションがあります。

    アメリカンタイプのオプションや、転換価格修正条項付のCB・優先株式についても、その設計内容を格子モデルに反映できることから、ブラック=ショールズ・モデルより汎用性のあるモデルといえます。

    ただし、経路依存型のデリバティブ(たとえば、転換価格が下方にのみ修正されるMSCB・MS ワラント・優先株式や、アジアン・オプションなど)の評価には適用できないという難点があります。また、格子モデルは満期までの期間を有限個に区切って計算する、いわゆる離散時間モデルです。連続時間モデルであるブラック=ショールズ・モデルと違い、計算される結果は近似値となることから、正確な評価額に近づけるためには格子数を十分大きくする必要があることに留意が必要です。

    二項モデルにおける株価格子のイメージ

    (現在の株価:100、p: 上昇確率、u=1/d:上昇係数(ボラティリティにより決まる))

    (3) モンテカルロシミュレーション

    モンテカルロシミュレーションでは、適切なパラメータ(ボラティリティ等)を設定して、リスク中立世界における原資産価格(株価)のパスを大量に発生させます。各パスで計算されるデリバティブの価値を計算し、その平均値の割引現在価値を算出することによって、デリバティブ評価額の近似値を得ることになります。

    経路依存型デリバティブを含むさまざまな金融商品の設計内容を柔軟にモデルに落とし込むことが可能なことから、汎用性の高い評価手法といえますが、信頼性のある評価結果を得るためには、大量の試行回数が必要なことに留意が必要です。

    株価パスのシミュレーション

 

 

事業計画作成支援

組織再編助言

企業価値算定の場面や、金融機関からの要請などで、事業計画や資金繰り表の作成が必要な場合があります。クライアントの中期経営計画・事業再生計画の作成をサポートいたします。

【 業務内容 】

  • 企業価値算定の前提となる数値計画の作成支援業務
  • 金融機関等へ提出する事業計画・資金繰り表の作成支援業務
  • 法的整理、私的整理に係る再生計画の作成支援業務

 

 

デューデリジェンス

デューデリジェンス

アドバイザリー業務だけでなく、M&A実行時などにおける財務面及び税務面における調査業務(デューデリジェンス業務)もワンストップで提供いたします。

【 業務内容 】

  • 資産査定、適正価値把握、財務調査業務
  • 正常収益力把握
  • 組織再編助言業務、実行支援業務(グループ内事業統合・再編等)